ブログ BLOG

当院の歯周病治療

自覚症状がなく進行していく
恐ろしい病気です

歯周病は、初期段階では自覚症状がほとんどなく、気がつかない間に進行し、最終的には歯が抜けてしまう恐ろしい病気です。
歯と歯茎の間に付着した歯石や歯垢が原因となり炎症を起こし進行していきますので、歯石や歯垢を除去することが大切です。
また、歯周病菌はお口の中から全身を巡ることで、糖尿病や心筋梗塞、認知症の発症リスクが増えるなど全身のさまざまな病気と大きく関わっています。
定期的に歯の検診を行い、歯周病が進行してしまう前に治療を行うことが大切です。

こんな場合はご相談ください

  • 歯がグラグラする
  • 歯茎が腫れている
  • 歯磨きをすると出血する
  • 歯が浮いたような感じがする
  • 口臭が気になる
  • 歯茎が下がってしまった
  • 歯茎から血が出る

など