ブログ BLOG

当院のむし歯治療

痛みに配慮した治療

当院では、むし歯治療を行う場合はできるだけ痛みに配慮した優しい治療を行うようにしています。麻酔を行う場合は、まず患部に表面麻酔を塗ることで針を刺す際の痛みを軽減し、更に一定の圧力で注射針を刺していくことで注射時の痛みが軽減される電動麻酔器を使用しています。

POINT 痛みに配慮した麻酔の取り組み

表面麻酔
の使用

電動麻酔器
の使用

麻酔液の
温度調整

極力細い針
の使用

できるだけ歯を残す治療

歯は削ってしまったら2度と元には戻りませんので、「むし歯になったら削る」を繰り返していく内にいずれ歯が無くなってしまいます。
ごく小さなむし歯であれば削らずに口腔内環境を改善し様子を見るなど、当院ではなるべく歯を削らない、抜かない治療を心がけ、ご自身の歯を残せることを第一に考えた治療を行っています。