ブログ BLOG

当院のインプラント治療

Takumi

匠のインプラント治療

カムログインプラント
公認インストラクター在籍

噛めないコンプレックスを
自信に変えるインプラント

ドイツ口腔インプラント学会
スペシャリスト(国際指導医)
在籍

国際指導医とは

国際指導医は、歯科医師にインプラント治療を正しく教え、専門医を育成する立場です。
ドイツ口腔インプラント学会のスペシャリスト(国際指導医)として後進を育成しています。

国際指導医 0.0001%
全国約104,500人の歯科医師のうち
26名いる国際指導医の一人

カムログインプラントを使用

インプラント治療におきましては、ドイツのインプラント学を取り入れ学術的根拠に基づいた治療方針・治療法を常に考え、日頃より新しい技術や情報を取り入れ、かつ実践するよう取り組んでおります。
歯科・医療先進国と言われるドイツを中心に、近隣諸国でトップシェアを誇り、新世代構造と呼ばれるカムログインプラントを使用しております。

シミュレーションによる
精度の高いオペ

CT画像からコンピューター上でインプラントの正確な埋入位置をシミュレーションできるランドマークシステムを導入しています。
また、ランドマークシステムのシミュレーション結果を反映し、手術時に正確にインプラントを埋入できる「カムログガイド」という装置を使用し、より安全で精度の高い手術を行います。

術前の精密かつ正確な診査・診断が
治療を成功へと導く

CT撮影から得られる情報は多く、インプラント手術を行う上で欠かせない検査です。
パノラマ撮影では分からない顎の骨の3次元的な形態を把握することで安全性だけではなく完成度の高い診断が行えます。

インプラントガイドを利用した
安全性の高いオペ

CT撮影やお口の模型などから患者様一人ひとりに合わせて作成する装置です。
ガイドは、インプラントを埋入する時に神経や血管を避け、事前にシミュレーションした最適な埋入位置にドリルが進むように作られますので、より安全な手術を行うことができます。

口腔内スキャナーIOSを使用した
精密な上部構造

手術によりインプラント体を埋入した後は、上部構造という人工の歯を作りインプラント体に装着します。上部構造を作る時に歯の型を採る必要がありますが、従来の印象材を口に入れて型を採る方法だと、嘔吐反射がある方にはつらく負担が大きいです。
口腔内スキャナーIOSを使用することで、お口の中をスキャンするだけで型を採ることができますので、患者様の負担も大幅に軽減でき、よりムラがなく精密な上部構造が作れるようになります。
※症例により使用しない場合があります。

インプラント専門技工所を保有

当院は自社でインプラント専門の歯科技工所を保有しておりますので、短納期、高精度、低価格な上部構造を提供することができます。匠の技を持つ技工士による精密で美しい補綴物は高い品質を持っており、患者さま一人ひとりに応じた将来を予知し、状況に合わせて適応させていくことを目標に製作しております。