ブログ BLOG

他の治療との比較

インプラント ブリッジ 入れ歯
違和感 少ない 少ない 違和感がある
美しさ 天然の歯と同等の美しい仕上がりになる 自費の素材であれば天然の歯に近い仕上がりになる 保険の入れ歯は留め具が目立つため審美性は低い
周囲の歯への影響 影響しない 支えとなる歯に負担がかかる 部分入れ歯の場合はバネをかける歯に負担がかかる
噛む力 天然歯と同等の力で噛める 天然歯よりやや劣る 劣る
治療期間 約半年 短期間 1~2ヶ月
費用 自費のため費用が高くなりやすい 保険と自費のものがある 保険と自費のものがある

歯が1本なくなってしまった場合

従来の治療(ブリッジ)

ブリッジ部分の支えとなる両隣の健康な歯を大幅に削らなければできない。

インプラント治療

健康な歯には一切負担をかけずに治療ができる。

歯が2本以上なくなってしまった場合

従来の治療
(部分入れ歯)

装着時は違和感を感じやすい。食後に外してお手入れをする必要があり手間がかかる。

インプラント治療

自分の歯のような感覚で、食事や歯みがきを行うことができる。

完全に歯がない場合

従来の治療(総入れ歯)

総入れ歯は外れやすく、噛む力が十分に得られない場合があり、食事や会話がうまくできないなど日常生活が制限される。

インプラント治療

しっかりと骨とインプラント体が固定されるため噛む力も十分で、歯を一本ずつ自然な状態で再建することもできる。